FC2ブログ

アクセスアップ!ごちゃまぜブログは悪いというけれども…本当か?

よくアクセスアップに関する記事で、
記事内容を統一しなさいとか専門的な記事を書きなさい
っていうのをよく見かけます…それって本当なの?

混ざる ゲーム 夏 男女

こんな混ざり方だったら…下ネタですか~これは(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
最近この顔文字もお気に入り(笑)

多少中身の違うものが混在していても、面白いと思うのですが…
今日はこいつ何を記事にするのか?みたいな
アクセスが上がってないyoshiyoshiが言える事ではないですね(>_<)

基本好きな事やブログを見てくれる人の役に立つ記事を書いてれば、
アクセスもなんとかなるんじゃないか?って思うんです。

記事内容の統一や専門性を磨くってのは、確かにキーワード検索で来た方へ
より詳しく役に立つ情報を提供するってところで有効なのは頭ではわかってます。

今のyoshiyoshiではきれいにまとめることも、豊富な知識も専門性もない…
ないない尽くしです(>_<)

他ネット稼ぎのサイト様できれいにまとまっているブログは山ほどあります。
でも肝心の具体的に稼ぐ方法はきちんと記事になってないです。
内容が大まかで、読んだ内容を実行するも稼げないのが現実です。

ネット稼ぎの記事において専門性って何だと思います?
きれいにまとまっているが、参考にしても稼げないブログ
まとまっていないが、具体的な稼げる記事が散らばっているブログ

私は後者だと思うので、しばらく今のごちゃまぜブログを続けてみようかな(^^♪
そして稼げるようになったら、その方法をみんなに教えていくんだーーー( `ー´)ノ

その間に投資でドカーンと稼げるようにもなりたいですね。
リスクなしで稼げる方法とリスクありで大きく稼げる方法の二通りを習得したいです。

リスクなしで稼げる方法はただ一つ!
アクセスアップしかありません。
1年半もお小遣い稼ぎサイトしてますから、さすがに気づきます。

ごちゃまぜブログが悪いんじゃなくて、
アクセスがないブログが稼げないんです。

みんなで一緒に稼げる方法を探していきましょ(*^^)v



(忍者AdMax広告)




お小遣い稼ぎ ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ 初心者のお小遣い稼ぎへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセスアップ!画像の力を再認識した

昨日の記事で改めて画像の力を再認識しました。

落とす 面白い ソフトクリーム 女性

この画像…顔の部分編集してますね(笑)
私はいつもpixabayさんで画像を取得しています。
無償の画像やイラストがあるので非常に助かってます(^^♪

昨日の記事の画像はインパクトありました?
あったんでしょうね~

記事内容はいつもと同じ感じなのに、
いつもより、はてなから8人アクセスあったり、ツイートも増えてます。

画像はキーワード検索からの流入は見込めませんが、
どこかのサイトに記事がアップされた時に
記事タイトルと画像が出てたら…画像は一番目を引きますよね(^^♪

見た目一発勝負ですが、自分の記事を見てもらえるチャンスが増えます。
せっかく良い記事を書いても、見てもらえなければ寂しいですし…

昨日の記事でもう一つ再確認できました。
しかし画像だけでは爆発的なアクセスはない!

当たり前の事なんですけどね…
記事内容が画像に負けてるんですよ~(>_<)

一瞬注目されても、記事内容がショボいとアクセスは続きません。
SNSでもあまり拡散されません。
記事タイトル、画像、記事構成、記事内容の調和がとれていないと駄目です。

ラーメン??に例えると、
スープがうまくても麺が好みでなければ、うーん( ゚Д゚)ってなるでしょ。
逆もそうですし、トッピングがねぎだけでも寂しすぎます(笑)

やっぱり全て揃った記事を書く努力をしないと、
アクセスアップしていかないです。これは実体験として言えます。

画像と記事とタイトルが興味深いか?
それだけですね。

読み手によっても好き嫌いはあると思いますが、
自分なりに調和のとれた記事を毎回書く努力をすれば、
記事を書く実力もついてきてさらに上を目指せます。

アクセスアップに興味のある方は一緒にがんばっていきましょう(^^♪



(忍者AdMax広告)




お小遣い稼ぎ ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ 初心者のお小遣い稼ぎへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセスアップ!サイト内記事ランキングで過去の記事が復活する?

皆様はブログにサイト内記事ランキングなるものを
サイドへ設置していますか------------------?

戦う 決闘 女 ボクシング ランキング

サイト内記事ランキングを設置することで、
過去の記事が復活します!

1か月前から設置したばかりですので、あまり偉そうに言えませんが…
前から過去の記事がどんどん埋もれてしまう事に悩んでいた訳です。

最近、あるサイト様でサイト内記事ランキングを見かけました。
それも画像付き!  絶対これ真似してやる!って思ったのですが…
パソコン音痴の私には画像付きは、ハードルが高すぎです(>_<)

そこで妥協して見つけたのがi2iアクセスランキングです♪
画像付きにはなってくれませんが、ランキング表が見やすくて管理が楽です(^^♪
↑妥協じゃ申し訳ありませんね…素晴らしいランキング表です♪

何が楽か?
ランキングをどのように順位づけするかを設定すると、
勝手に順位を変動させてくれるのは勿論なのですが、
記事タイトルまで引っ張ってくれます!

んん?ってなった方がおられるかもしれませんね(笑)
ランキング表などのブログパーツにはURLを表示して順位づけするものがあります。
以前、逆アクセスランキングのブログパーツを設置しようとしましたが、
これのせいで断念しました(*´з`)

順位表が
1、http://yoshiyoshi448.blog.fc2.com/blog-entry-400.html
2、http://yoshiyoshi448.blog.fc2.com/blog-entry-397.html
      ・
      ・
こんな風にランキング表示されているブログ見たことないですか?
このURLを毎回、どのタイトルの記事なのか確認して適正なタイトルへ
設定し直す必要があります。

i2iアクセスランキング表はこのめんどくさい作業が不要なんですよ~(*^^)v
新着記事でもいきなり記事タイトルをランキング表に引っ張ってきます!
超~便利♪  これをいくら紹介しても稼げませんがしょうがないですよね(>_<)

yoshiyoshiはいつも前置き長すぎ…m(__)m
サイト内記事ランキングを設置すると
ブログに来て頂いた方々へ過去の人気記事を見てもらいやすくなります!

これのおかげで過去記事が埋もれてしまう悩みが少し解決できました。
アクセスの多い人気のあるブログであっても、実は…
集客できる記事は全体の10~20%らしいです。

また、自分のブログの中ではこの記事が人気あるんだーーー
って発見もできますよ♪

サイト内ランキングを設置して、読み続けてもらえるような記事を
一つでも多く残せたらいいな~って思います。

興味のある方はぜひ試してくださいね( `ー´)ノ



(忍者AdMax広告)




お小遣い稼ぎ ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ 初心者のお小遣い稼ぎへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセスアップ!ブログ開始当初に作成した駄目記事は削除した方がいいのか?

最近のyoshiyoshiはお小遣い系の記事も書かずにアクセスアップや
京都土産の記事ばかり書いて、お小遣い稼ぎあきらめたの?って思われてるかも…

『インターネットで副業やお小遣いサイトで稼ぐぞ』って考え始めた方へ
有益かつ効率的な情報が提供できるように試行錯誤してる途中です(-_-;)

駄目記事は処分した方がいいというのを他サイト様の記事で見かけました…

発見 優劣 良い点 悪い点

ブログ開始当初からいきなりすごい記事が書ける人ってレアですよね(笑)
私の記事も同じです。画像なし、文字数少ない、同じタイトル、同じ記事内容連発!
まだまだ成長過程ですが、自分の過去記事を見ると少し成長してるのがわかります。

記事内容や記事数もまだまだなのに、はてなブックマークで爆発したいなど、
厚かましい企みまで考えてしまいます…(恥)

でも『はてなブックマークで爆発したい』という甘い希望も目標に変わる時があります。
最近、アクセスアップの記事を書いたり、タイトルの書き方を少し変えたりと
かなり意識してるんです。うまくはないですけど…(>_<)

意識して記事を毎日書くのと、意識しないで書くのでは、1年後に
記事の数は同じでも、ブログの質はとんでもなく大きな差になっていると思います。
これ最近気づきました…1年半後に気づいてどないすんねん!って感じですね(笑)

FC2ブログを始めて約1年半になります。
毎日更新できてませんが、それなりに記事の数も増えてきてます。
でもキーワード検索からくるアクセスって本当に少ないです。超微増って感じです。

はっきりわかりました! これからブログを始める人はよく聞けよ( `ー´)ノ
似たような内容で文字数も少なく、充実していない記事
何度書いてもアクセスアップなんか一生しないぞ!って事です。

私の1年半は無駄ではないと思っていますが、かなり非効率的でした…
自分でダメだなって思う記事でも、毎日書き続ければきっと効果が出ると信じてましたから…
これからブログを始められる方には、効率的かつ有効にブログを運営して頂きたいです♪

グーグルも日々進化していて、同じ内容の記事や駄目な記事ばかり投稿していると、
ブログの評価を落とされるようです…(>_<) ほんとかいな~

冷静になって自分で考えてみても
・同じ内容の記事→キーワードが増えない、読者が離れる
・駄目記事→直帰率が高まる、読者が離れる

タイトルの答えがまだでした…
SEOやグーグル評価を考えると、過去の駄目記事は修正する
のが一番いいらしいです…

他いろいろネットサーフィンしましたが、ブログの体裁を整えるのに関連していない記事を消すとか、
グーグルの評価が下がるので消すとか、消しても消さなくてもあまりかわらないとか、
もう情報氾濫状態でした…

私の場合、修正しようにも同じ内容の駄目記事連発ですから、どうしようもない(>_<)
『初めてネット』『副業ブログ』で検索すると1ページ目に表示されることから、
グーグルの怒りはまだ買ってなさそうです(笑)

このキーワードで検索順位が落ちるのは許せますが、
全く検索できなくなった場合、パンダアップデートやペンギンアップデートに
かかったとして過去記事は削除していこうと思います(>_<)

一旦、私は過去の駄目記事でも、コメントを頂いたり拍手を頂いた記事を消したくないので、
このまま過去は放置プレイとして、新しいものは加筆して進化させよう作戦でいきます!

皆様は私のようにならないように、効率よくブログを運営して成果を残してくださいね(^^♪


(忍者AdMax広告)




お小遣い稼ぎ ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ 初心者のお小遣い稼ぎへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

検索でアクセスを集めるのとランキングボタンを押してもらうのは違う能力~

長すぎるタイトルでごめんなさいm(__)m
ブログやサイト運営でキーワード検索でアクセスを集めるのと
ランキングボタンを押してもらうのは違う能力だと思いませんか?

違い 手 世界

最近、ブログのアクセスアップについて通勤中に
ネットサーフィンしながら、いろいろ検討しています♪

アクセスアップとかSEOについての専門的な知識なんか全くありませんので、
『アクセスアップ』というキーワードでひたすら検索するんです(*´з`)

かなり多くのブログやサイトを見ましたーーーーー  フウ…(-_-;)
少し発見したかもしれません!


|アクセスが多いサイトに共通すること|

・記事は長いが画像や中タイトル、文字間等きれいにまとめられていて、
 長く読んでも疲れない

・タイトルで何を言いたいのかがすぐわかる
 タイトル中に数字が入っているので、具体的な印象を受ける
 タイトルが興味深い

・記事の内容が充実している

・関連記事が画像付きで他も読みたくなる

・記事(コンテンツ)の量が多い

・SNSを活用している
 フェイスブック、ツイッター、はてなブックマーク、グーグル+など


日記形式ではなく、具体的に一つ一つまとめられている


これが全てでなく私見ですが、ご参考に♪ 

上記内容はアクセスの多いブログやサイトの大まか共通事項だと感じます。
しかし!これだけじゃないです。

SNSボタンがないのにアクセスが多いサイト
SNSボタンがあって、明らかに支持する方が多いサイト

後者は誰が見てもアクセスが多いことがわかります。
でも、前者はなぜ多いのか?

SEO対策がしっかりされているので、検索からのアクセスが多い。
表向きはSNSボタンは設置していないが、SNSを活用し発信している。
他ブログやサイトを運営しており、そこからアクセスがある。

こんなところだと思います。

そして一番の発見はランキングボタンを設置していない!

(忍者AdMax広告)





|何故ランキングボタンを設置しないか?|

・ランキングボタンを押してくれない

・ランキングよりも他からのアクセスアップを狙っている


『ランキングより他でアクセスアップする方が効率がいい』
こんな事を書かれていたサイト様も実際にありました。

アクセスが多かったら、ランキングボタンを設置してさらにアクセスアップを
狙えばいいのに…って思うyoshiyoshiはまだまだ甘ちゃんです(笑)

アクセスが多いサイトは広告も最小限です。
何個もよくばると全てが中途半端になって、余計ダメになるんでしょうね。

例えば広告を設置すると、それをクリックしてくれるがランキングボタンはクリックしない。
その逆もまたあり得ます。

ランキングで1位をとって、アクセスが多いブログやサイトがあるのも確か!
でも、会社だったり不正臭さを感じるのも確かです!


|ランキングが高いブログやサイトの傾向|

・訪問者とコミュニケーションをとっている

・SNSでコミュニティを持っている(仲間がいる)

・FC2とかアメブロとかコミュニケーションできる無料ブログ

・毎日訪れてくれるリピーターが多い

・親近感のあるブログやサイト


とにかくコミュニケーションを頻繁にとっていて、
応援してくれるファンが多いブログやサイトがランキングが高いです。
↑不正は除きます

このブログを応援したい!って人を多く抱えている事は強いです。
ショボ記事でも記事更新するだけで、バンバン押してくれますからね(^^♪
私も仲良くなれば、相手の方のブログをバンバン押します(笑)

ランキングは毎日のランキングバナーへのクリックの積み重ねですから、
毎日のリピーターも非常に重要です。

きれいにまとまってしまったサイトって2度読むと満足しちゃんうんです。
通勤時間を利用していろいろアクセスアップの記事を読みましたが、
私は同じサイトを何度も訪問する事などありませんでした(*´з`)

詳しく調べる場合は、次新しい情報を知りたいって思うんです。
同じ記事は3度以上読みませんでした。
バナーやSNSボタンのクリックもしなかったですね…

いろんなサイトで勉強させてもらいましたが、ファンになるまでは至らない。

アクセスの多いサイトでランキング表示しててもアクセス(PV)での
ランキングを表示させているものがが多い気がします。
IN(クリック)で表示しているのはかなりの少数派ですね。


|ランキングのINで上位をとっている方の能力とは|

・訪問者をファンにできる

・リピーターになりたくなる親近感を与える

・次の記事を気にさせる

・心配にさせる(笑)

・仲間を増やせる


ランキングが上位でもアクセスがそれほど多くないブログやサイトも多いです。
アクセスアップをしたい!って考えるのも重要な事ですが、
アクセスが無くても仲間を増やすのは素晴らしい事だと思います!

すぐにアクセスが伸びないから、やーめたってならないでくださいね(^^♪
今の状態より、検索でアクセスが伸びた!ランキングを応援してくれる人が増えた!
って少しの事に感動していけばいいと思います。

アクセスが先か?仲間が先か?それはブログ運営者によって違うと思いますが、
どちらが先でも後でも続けていけば、どちらを経由しても最後は一緒になるような気もします(笑)

私のブログを見て頂いている方はFC2のブログ運営者が多いと思います。
FC2はコミュニケーションできる機能が多いので、コミュニケーションを通じて、
一緒にステップアップしていきましょう(^^♪

FC2ブログ運営者たちの衆知を結集して、はてなブログとかに負けないように
がんばりましょう!!    負けないとかそういうもんじゃないね…(^^)/

まとまりが悪すぎでごめんなさいm(__)m  今日はここまで~ 明日記事書き直してるかも…


ツイッター仲間も募集中です♪気軽にフォローお願いします(^^♪
初めてネットで稼ぐ♪

にほんブログ村 小遣いブログ 初心者のお小遣い稼ぎへ
にほんブログ村


お小遣い稼ぎ ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール

yoshiyoshi448

Author:yoshiyoshi448
ネットで絶対~
稼いでやる( `ー´)ノ

投資メインで稼ぎ、
ポイントサイト関係で
投資資金の補填、増資します。

現在はFXでがんばってます。

FXとポイントサイト等ネットで
稼いだお金だけを投資してます♪
言わば無リスク投資かな?

H29年は私と妻で約15万の
余力資金で再スタート!

稼いだお金をすぐ使っちゃうから…
投資金増額できてない(汗)

最新記事
最新コメント
記事ランキング
アクセスとSNSボタンでのランキングです♪ よかったら過去記事もどうぞ(^^♪
カテゴリ
月別アーカイブ
広告(AdMax)
リンク
RSSリンクの表示
広告(AdMax)
楽天広告
お小遣いランキング
ブログ村INポイント順位です
忍者AdMax
貼るだけでもお小遣い稼ぎできます 簡単無料なので試してみれば?
忍者AdMax
ポイントサイト
お小遣い稼ぎができます  (無料) 賢く利用してもっとお得に
★GetMoney ★げん玉
Twitter
こちらもお願いします♪
検索フォーム
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ネット稼ぎ収支
稼げるようになってやる!
■H26年度 ±0円       ■H27年度 +18.5万
免責事項
当ブログで取り上げている情報に関しては 十分に注意を払っておりますが、 正確さを保障するものではありません。 当ブログに掲載している情報をご利用の際には ご自身の責任と判断でお願いします。 一切責任は負えませんのでご了承ください。